トップ  > 企画展

企画展※予告なく変更する場合があります。

竹久夢二の詩と画の世界

H30/4/28(土)〜6/10(日)
開催中

大正ロマンを代表する詩人画家、竹久夢二(1884~1934)は、数多くの美人画を残しており、その抒情的な作品は「夢二式美人画」と呼ばれています。本展では夢二郷土美術館の所蔵品を中心に大正時代の生活様式と多彩な筆跡表現を探るとともに、夢二と熊野町との関わりを紹介します。

トラりん&ふでりん似顔絵展

H30/6/13(水)〜7/8(日)

秋に開催する特別展「筆が奏でるの美」の出品作品「筆 」を元に作られた京都国立博物館のPR大使「トラりん」が来町し、熊野町内の幼稚園、保育園を訪れました。園児とともに出迎えたのは、熊野町の観光大使ふでりんです。このとき、年長児たちが筆と墨で描いた、トラりんとふでりんの似顔絵を展示します。

アートたけし展

H30/7/14(土)〜9/9(日)

漫才師として一時代を築き、また、「コマネチ!」等伝説のギャグを次々と生み出し、そして大御所となった今も被り物をしてお茶の間を沸かせるお笑い芸人『ビートたけし』さん。
そして俳優として、映画監督として名だたる国際映画祭での受賞、また3度にわたり芸術の国フランスから勲章を授けられた「世界のキタノ」こと『北野武』さん。「ビート」でも「キタノ」でもない第三のたけし、『アートたけし』さんの作品の数々を心のままにお楽しみください!

筆が奏でる琳派の美

H30/9/22(土)〜11/4(日)

日本だけでなく、海外でも高く評価されている「琳派」の作品。江戸時代に花開き、現在まで影響を与える「琳派」の名作を紹介します。
詳細は決まり次第掲載します。