トップ  > 筆の里工房 > 館の概要

館の概要筆の里工房

人・文化・自然が調和する筆の里

熊野町には180年歴史を有し、全国生産の約80%を占めると言われる伝統的工芸品「熊野筆」があります。この地域の特色を生かした筆の里づくりの中心的な役割を担う施設が「筆の里工房」です。創造的な活躍を通じ、町民一人一人が「こころの通うまちづくり」に参加し、筆の里にふさわしい地域文化の創生を図ろうとするものです。

開館日:平成6年9月20日
設置者:広島県熊野町
指定管理者:一般財団法人筆の里振興事業団