トップ  > 筆の里工房 > (一財)筆の里振興事業団について

(一財)筆の里振興事業団について筆の里工房

一般財団法人筆の里振興事業団は,筆を中心とした文房四宝に関わる書文化の調査研究及び公開に関する事業を通して,国際社会で日本の伝統文化の継承と創造に役立つ人材を育成しつつ,地域社会の文化的,経済的振興を図り,個性ある熊野町のまちづくりに寄与することを目的として平成7年3月に設立されました。

決算公告:平成28年度貸借対照表(pdf形式)
平成27年度貸借対照表(pdf形式)
平成26年度貸借対照表(pdf形式)
平成25年度貸借対照表(pdf形式)
平成24年度貸借対照表(pdf形式)

事業内容

(1) 筆文化に関する資料の収集,保存,公開
(2) 筆と文字の歴史,文化に関する調査研究
(3) 筆を介した交流に関する事業
(4) この法人の目的に関連する筆を中心とした地域産業の振興に関する事業
(5) 熊野町の委託を受けて行う筆の里工房等の管理運営(指定管理者)
(6) その他この法人の目的を達成するために必要な事業

一般財団法人筆の里振興事業団役員

種別
氏名
役職
理事長
内田 充
熊野町副町長
常務理事
石井 節夫
前熊野町総務部参事・筆の里工房館長代理
理事
林 保
熊野町教育委員会教育長
岡崎 磊造
熊野町商工会会長
本迫 修
熊野筆事業協同組合理事長
椋田 昌夫
広島電鉄㈱代表取締役・筆の里工房館長
上田 宗冏
上田宗箇流家元・筆の里工房副館長
栗林 寛二
㈱中國新聞社 専務取締役
名児耶 明
公益財団法人五島美術館副館長
島尾 新
学習院大学教授
渡辺 邦男
元公益財団法人ひろしま国際センター常務理事
竹澤 雄三
美術評論家・元広島市現代美術館副館長
宇野 公容
一般社団法人書芸文化院常務理事
安達 春汀
刻字作家
監事
川名 雅和
税理士・元福山税務署長
榎田 好一
鶴学園監事・前広島県教育長